推しが!死ぬぞ!覚悟はいいか?俺は既にできているッ!!

 

 

f:id:yuukiboubiroku:20181006190312p:imagef:id:yuukiboubiroku:20181006190332j:image

 

ジョジョの奇妙な冒険第5部!」(推しが!死ぬぞ!覚悟はいいか?俺は既にできているッ!!)

ついに始まりました。いや始まってしまいましたよッ!!ジョジョの奇妙な冒険第5部です。原作連載開始は、1995年で終わりは1999年と86年生まれの自分世代にはドンピシャですね。

ちょうど自分が少年ジャンプを本格的に読み出したのは、この95年です。ドラゴンボールの連載が終わるこの頃です。とっても!ラッキーマンみどりのマキバオーるろうに剣心、地獄先生ぬーべー、キャプテン翼、新ジャングルの王者ターちゃんダイの大冒険忍空などが記憶に残っています。一番、記憶に残ってるジョジョは、4部のラストが読み始めの94年頃で、次は封神演義の関係で立ち読みから自分の部屋で読むようになった98年〜99年と小学校6年から中学時代でジョジョ5部のラストは絵的にも衝撃でした。

そんなジョジョの奇妙な冒険第5部は、連載開始は、阪神淡路大震災の影響で関西圏は未曾有の被害に遭い関東では、新興宗教オウム真理教霞ヶ関の官僚と政府転覆を目指して地下鉄サリン事件を起こした年ですが、著者の荒木飛呂彦先生は、既に舞台を6年後の2001年という21世紀の作品を20世紀末に書き始めたのです。つまり、2001年のジョルノジョバーナは15歳なので、単純な引き算で1986年生まれで同い年です。親近感が非常に沸くキャラクターです。

原作漫画版は、中学の時に読破したので、アニメ版は尺が足りるのかと心配。1話はいきなりオリジナルシーンが入るが、3部のスージーQと承太郎の会話など原作シーンはないが、オリジナル演出で高評価が出たアニメは、近年でジョジョくらいではないだろうか?って言うくらい製作陣の思い入れのある作風なのでしょうね。

いきなりのシーンでは、イタリアの裏社会で表向きの観光名所だが裏路地では薬物の腐敗を匂わせる裏路地を歩くジョルノが、輝かしい陽の明るい観光地でスリに遭う観光客から財布を取り返すが、勿論、無料ではなく、相応の対価を頂く、という今までの歴代「ジョジョ」とは違いますね。ビール飲んでる承太郎も「アレ」ですが、自分が一番好きな紳士ジョナサンからはあり得ません。原作では、4部の広瀬康一との出会いから始まるが、アニメ版では、あくまでもジョルノが最初から登場する憎い演出になってます。

スタンド使いは惹かれ合うッ!4部ラストで修羅場を潜り抜けた広瀬康一をカモにしようとするが、成すすべなく重力の付加を受けて逃走。トランクに生命を与えて別の生き物にする。最初から能力がチートすぎて絶句。しかも、この後、トラブルで死ぬことになる涙目のルカは、栄えあるゴールドエクスペリエンスの犠牲者第一号です。マフィア作品という堅気以外には容赦がないスタンド能力だが、堅気で且つ手加減した康一くんは軽傷で済みました。本当にいいキャラで声優さんの起用でジョルノの異常さが伝わってきます。また、承太郎に結果を報告する際に、ジョルノを爽やかな奴と形容します。そして承太郎から彼(ジョルノ)の父(DIO)を殺したのは自分だと打ち明けられる。そこで眺める写真は、かつてエジプトで亡くした友が映った一枚。そこには、全ての幽波紋の元凶であり矢をエジプトで発掘したその人(ディアボロ)で、5部のボス(ディアボロ)に破れて既に再起不能になったポルナレフも写っている。

涙目のルカが事故死したことにより、ジョルノの運命が動き出す。ルカを始末したと思わしき人物を探して、マフィアのブローノブチャラティが動き出す。
ジョジョ5部は奇妙な展開が目白押し。ジョルノの能力も、生命を与えるという認識以外で相手に跳ね返したり、物質に変換するなど、読み込まないと分からないのに。既に始末された涙目のルカの目玉や指が、指の間や口の中に入ってるという奇妙な展開。しかも、この瞬間までマフィアに話しかけられてからスマートに返して無事難を逃れたと読んでいて(「ホッ」)と安堵した瞬間。この漫画は、ジェットコースター。安心させて突き落とすは醍醐味で、ホラー漫画本を手掛けてホラー映画好きの荒木飛呂彦だけのことはある。

何か分からないが、同じ能力の相手に「ヤられる」危機感から、ゴールドエクスペリエンスを発現させてブチャラティを迎え撃つシーンでお終い。

早い。脳内アドレナリン全快だったせいか、生粋のジョジョラーだったせいか、30分どころか、5分程度に感じた。もしかして既に時が吹っ飛んだのかな?(壮大なネタバレ)

いや、マジで最高!!最高にハイって奴だ!!

いいか皆さん、ジョジョ5部は、推しが!死ぬぞ!覚悟はいいか?俺は既にできているッ!!ていう作品で、すぐキレる癖がある自分は、キレるフーゴに親近感が沸くが、この作品で死なずに離脱するという悲しいキャラが推しなんだぞ!!(笑)全巻購入特典は、当然、「恥知らずのパープルヘイズ」ですよね??

天皇という名を見るだけで思考停止すべきではない

「今上陛下で思考停止して良いのか?」

 


自身も今上陛下が即位以後、一度も英霊を慰霊していないことに対して想うことはある。こうした意見を「天皇」の名の下に金科玉条にして、思考停止して良いのだろうか?当然、こうした声があっても問題とは思わない。

 


天皇と雖も、律令国家を築いて太宰府防衛で領土を固めた偉大な天智天皇建武式目を定めて鎌倉幕府を打倒した中興の祖である後醍醐天皇、明治近代化で我が国を世界に伍する国にした偉大な明治大帝の名君と賢君は存在した。一方、胎児を見るために妊婦の腹を裂き継体天皇の即位がなければ皇室を潰しかけた武烈天皇、人妻だった藤原薬子と不倫関係にあり後々に災いして桓武天皇平城京に追放あれた平城天皇、父村上天皇への手紙に男性器を描いて送る奇行に及んだ冷泉天皇など暴君から暗君まで歴代125代天皇が存在する。

 


賢君に名君から暗君から暴君まで存在する以上は、一概に「天皇」で思考停止するべきではなく、そうしたどうしようもない天皇が存在したからこそ大日本帝国憲法を始め古代から摂生が活用されてきたわけである。つまり、天皇の名の下に思考停止するのではなく、各天皇の足跡から判断せざるを得ない。ただ、今上陛下が即位以降、一度も靖国神社の英霊を参拝していない以上は、こうした意見が出てもおかしくないと自分は思う。

 


なぜ事実を述べただけで、批判と捉える必要があるのか謎。批判でも建設的批判とそうでないものに峻別できるはずである。この批判ないし意見は、それこそ無意味なものではない。

 


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00000017-pseven-soci

公式ミスかな?!

「公式ミス?」

f:id:yuukiboubiroku:20180723200957j:imagef:id:yuukiboubiroku:20180723201001j:image

 

 

 

とある女友達のInstagram見て気付いた。

これって浣腸のポーズ?とあり、よく見ると天津飯の気功法と全然違った。こういう間違いに気付くのはIQが高いのだろう。
10枚も買って削っててたのに全く気づかなかった!

そもそも、どうしてドラゴンボールクラッチ天津飯が、浣腸のポーズしてるのか意味不明wwww原作でもセル、ブウを止めた唯一の名シーンなのにwww

絵を描いた奴も、これで印刷した奴も、ドラゴンボールへの愛情皆無だろこれ。

「杉田水脈氏発言は問題か?」

杉田水脈氏発言は問題か?」

毎日新聞は21日、週刊新潮45の8月号に杉田水脈衆議院議員(自民党比例中国ブロック)が、寄稿した「『LGBT』支援の度が過ぎる」を問題視した記事を掲載した。果たして、毎日新聞の問題視と批判は適切だろうか?

毎日新聞の大村健一記者の主張は以下だ。「性的少数者のみならず高齢者や子のない夫婦も否定するかのような内容で、批判が広がっている(https://mainichi.jp/articles/20180722/k00/00m/040/028000c)という内容だ。

実際、週刊新潮45を購入してみた。杉田水脈氏の主張は以下だ。
朝日新聞毎日新聞などリベラルメディアが権利の確保を謳い差別の解消を唱えているが、本当にLGBT差別は存在するのか?
②日本でLGBT差別が問題になっているのか?そもそも日本は、同性愛を禁忌とするキリスト教社会やイスラム社会のように、時に命を失うような迫害は起こってこなかった。社会構造そのものが違う。
LGBT当事者の被害事例は社会的差別よりも、親の無理解が大きい。
④当事者の問題は制度を変えることでは解決し得ない。こうした社会制度と「生きづらさ」を行政が解決することは否定しないが、行政が動くことは税金の使用を意味する。また、不妊治療のケースとは異なり、LGBTカップルに税金を利用する大義名分は何処で大多数の国民は納得するのか?

という以上、前段の内容が毎日新聞が過度に批判にさらされている。しかし、実際には、税金の利用で、大多数の国民から理解が得られるのか?と言い政治学の定石である功利主義の最大多数の最大幸福の観点から、疑問を呈しているに過ぎない。

杉田水脈氏の発言は、公器である新聞で五大紙の毎日新聞が、目くじらを立てて批判する内容かと言われると大いに疑問符が付く。功利主義に基づく政治学の常識を話しており、政治学者Dリースマンは、「政治とは希少資源の再配分」と定義しており、税金の観点に国会議員がシビアになるのは当然だろう。この時点で、毎日新聞の批判はイデオロギーに拘泥しており、批判に該当し得ない。

ただ、毎日新聞の批判は妥当性がないのは言うまでないが、杉田水脈議員の発言が全く問題ないとは言えない。私が思う問題点は、③における事実誤認と④の前段による内容にある。

杉田水脈氏が主張するLGBTの問題点は、家庭内における親の無理解という当事者と家族の問題だろうか?私は絶対に違うと思う。それは、2015年4月に一橋大学法科大学院生が、ゲイであることをバラされて自殺に至った(一橋大学アウティング事件)のように、当事者と家族の問題だけでは済まないことが周知の事実となった。こうした問題を受けて④の朝日新聞毎日新聞が、LGBTの権利拡大を歌い、差別解消を唱えることには、社会的利益と正義の片鱗はある。とはいえ、今回のピンボケした毎日新聞の批判は肯定し得ないことは再度強調しておく。
少なくとも、杉田水脈氏が主張する③は事実として間違っている。当然、事実誤認から派生する④も誤りで、一橋大学は国公立の大学で独立行政法人である以上は、一定の範囲で解決は税金で解決を図る他仕方ない。

以上から結論を述べると、毎日新聞杉田水脈氏へのピンボケ批判は妥当性を欠いている。しかし、一方で杉田水脈氏が主張するLGBT問題は、当事者と親の無理解程度では済まず既に一橋大学法科大学院生の人命が損なわれる社会問題となっている。なので、当然③と④は誤りで、杉田水脈氏の楽観的な主張である①の日本でLGBT問題がストレートにカミングアウトできるのか?という主張には大いに疑問符が付かざるを得ない。f:id:yuukiboubiroku:20180722190809j:image

「陛下を語る不届き者」

 

「陛下を語る不届き者」

この詐欺師は、安倍総理を利用し近畿財務局を恫喝した不届き者。学歴及び経歴を詐称し補助金を詐取した犯罪者だ。ただ、今上陛下は、憲法改正に反対だろう。

おそらく、今上陛下は憲法改正に反対だろう。しかし、それは立憲君主制に反する。
そもそも、我が国は、明治の近代化以降、西欧から立憲主義の真髄を貫徹した。
そうした立憲君主制の確立は、日清戦争で顕著。第二次伊藤内閣は、自由民権派の開戦を求める声に押されて衆愚的な日清戦争開戦となった。その際に、明治天皇は、日清戦争に反対した。大日本帝国憲法では、「天皇統治権を総攬する」とあるが、実質は、西欧の君主同様に議会制民主制を重んじており、我が国でも議会と内閣の決定に対して形式的に裁可する立憲君主制の制約を受けた。
これにより、陸奥宗光外務大臣は、明治天皇清王朝との開戦反対の意見を握りつぶした。天皇陛下による統治権の総攬など憲法の形式文言で、実質には、立憲君主制の制約を受けていたのである。

如何に今上陛下が、憲法改正に反対しても、それを「忖度」すれば、全ての責任は、陛下に及び、なによりも、現行憲法こそが国事行為と儀礼行為以外の権能を陛下から奪っている以上、そのような忖度は、立憲君主制に反する。そして陛下が、一番そのことを理解しているのは、この他ない陛下であろう。そして、当然、この籠池の如き詐欺師に利用されることこそ苦々しく感じることは言うに及ばず。

 

https://snjpn.net/archives/52871

「イデオロギーより制度運営」

私は思う。イデオロギーよりも実務の政治は制度の運用こそが肝要なのではないかと時たまに思惟することがある。

おそらくの仮定だが、ソ連その他共産主義圏の東欧諸国、中国、北朝鮮共産主義社会主義運営に失敗したのだと。

かつて、アジアで最初に憲法を制定したオスマントルコ帝国は、憲法運用の失敗して第一次世界大戦で帝国分割の憂き目に遭った。
しかし、大日本帝国大日本帝国憲法を制定して現代の規定に比べると立法府の規定が極めて少なかったが、立憲主義を貫徹したことで憲政の常道を開いた。これは明治天皇、元勲、政治家、官僚が優秀で日本の憲政運営を上手に行ったからであり、考えれば、我が国では、王政復古から藤原台頭に源平時代を経た武士の時代において幕府は変われど上手に政治を運営してきた歴史がある。
おそらく、こうした制度運営が否決であり、イデオロギーによる制度ではないように思えてならない。

我が国は、戦後、國體護持で経済政策は池田勇人内閣による高度経済成長期の戦略で共産主義路線を叩き潰した。仮に、共産主義が誕生しても日本であればキューバポーランドのように運営していたかもしれない。

歴史的にモンゴルのイル汗国に起源を有するロシアをはじめ、中国など王朝の滅亡を鑑みれば一目瞭然である。イデオロギー云々ではなく彼等は制度運営が下手なのである。
そう確信に至ったのは、良くも悪くも「韓国」によるものだ。
韓国では李氏朝鮮時代も惨憺たるもので閔妃をはじめ大東亜戦争後の李承晩から現在の大統領まで極めて最低の結果を体現しているが、韓国は紛れもなく立憲主義で資本主義国家であるが、衆愚の憂き目に遭っている。つまり、中国の属国で政治運用が下手なのだ。そしてイデオロギー反日に転化して内政不満の捌け口にしている。しかし、大日本帝国の統治以前は両班の貴族統治による腐敗と白丁の末路など、どう鑑みても政治運用能力欠如が現在まで尾を引いている。

こういう意味では、中国共産党習近平は敵ながら政治運用は極めて上手いように思える。一方、アメリカ合衆国のドナルドトランプ大統領はフランスのマクロン大統領、我が国の安倍晋三総理など優秀な政治指導者の助言に沿うことで運用をしているが、リーダーの資質では、プーチンに劣るだろう。そのプーチンは政治運用は巧みであるが、後継者が今後もツァーリ(皇帝)としてロシアを維持できる保証は皆無。

自分はイデオロギーよりも政治運用が寛容と思うに至ったのは、韓国と挙げたが、もう一つはキューバである。世界中で共産主義国家が21世紀初頭に消え去ったが、カストロのカリスマ性による統治で北朝鮮とは異なる非独裁運用で成立してきた事実に鑑みても、資本主義・共産主義社会主義だから悪いなどイデオロギーで綴れず、肝要なのは優秀な君主、政治家、官僚による統治機構と国民のレベルが重要なのだという結論に至った。

なので、資本主義は所有権の絶対があるので共産主義と考えていたが、実はその所有権によるり不動産(家)、動産(車、農機具)などバランスシートで考える負債が増える現象、ケインズ主義の行き過ぎた政府と富の再分配機能は富裕層ではなく中流層を没落させる制度だと分かった以上、もはやイデオロギーではなく制度の問題だと深く確信に至った。

「マンガでわかる片付太郎と汚部屋乱子のお片付けレッスン レビュー」

「マンガでわかる片付太郎と汚部屋乱子のお片付けレッスン レビュー」

部屋の片付けの仕方が分かる本。Amebaブログ片付け・掃除部門1位(2017年)。すぐできる!続けられる!整理整頓のコツ教えますと、整理収納アドバイザー兼漫画家の長浜のり子(著者)が、買わなくてもいいものをムダに買ってしまう・いつも探し物に時間をとられる・掃除がしにくくて埃っぽい・人を部屋に呼べない人向けに書いた内容。

趣旨は、イケメンのレッスンで部屋がみるみるキレイになるという内容で、上記ブログを書籍化したものとなっている。本書は、プロローグ(片付け下手女子と片付け上手男子の出会い)、第1章(片付いていると暮らしが変わる)、第2章(整理の仕方)、第3章(捨てる方法)、第4章(収納の仕方)、第5章(さぁ、片づけの仕上げです)、番外編1(特別!必要な物だけを選ぶ方法)、番外編(太郎に聞く!片づけのお悩み)という構成を通して、片付太郎と汚部屋乱子の恋愛成就を描くと同時にストーリー仕立てで部屋掃除を解説する内容となっている。

プロローグ:出会いの端緒。定位置の必要性、物が溢れる現代で収めるだけでは片付かず、片付けはセンスや才能ではなく知識が必要。

第1章:片付けの効能は、1日の始まりが変わる。朝の気分さえ違うことや、部屋の心地よさと心理的効果がある。また、部屋が汚いと物の把握が困難で、1日10分で年間で約61時間の2・5日分損する。その時間的な損失はプライベートはおろか勤務時間にまで影響を与える。散らかることで失う費用損失は極めて大きい。特に、自分の暮らしの優先が遠のく危険性がある。
第2章:片付け方が分からない。片付けの初手は、理想の暮らし明確化して、成りたい自分の未来の想像をする。まず紙に書き出すなどの明確化。スタートは玄関から。範囲として小さく、当日に終わらせられるので、財布や小物同様に行いやすい。片付けは整理から。必要なものと不必要の区別を行う。この際に不必要なものではなく必要なものを選ぶ。その判断時間の目安は、およそ3秒。迷う時点で不必要の可能性が高い。また適正量を定めて不必要な物を買わない。ペンなど本数の適正量が分かれば以後買わない。
第3章:捨てる方法を知る。捨てられない理由は何か?1勿体ない派=捨てない=物を大事にする罪悪感、2まだ使える・いつか使う派=未来への不安、まだ使ってない派=買ったけど不必要だった=失敗を認めたくない、高かった派=買ったお金を捨てる気持ちになる、5困らない派=捨てなくても現状で困らない、6人から貰ったから派=他人への気遣いで捨てられない、7そもそも捨て方が分からない派=どうやって捨てればいいのかわからないなど。
第4章:収納は物の出し易さと戻し易さの両方が適切な状態。人が動く行動導線が短い程よい。目線から腰までの出し易い高さがゴールデンゾーン。収納で空いた空間は予備スペースで活用。また、種類別・目的別にグルーピングを行う。基本収納量を増やすには、仕切りを活用する。方法は空間を面と見て見立て、四角く仕切って考える。さらに定位置など物に住所を与えて、必ずそこに戻す。
第5章:片付け完了もリバウンドが起こる。片付けとは使った物を元の位置に戻す作業。その過程を習慣化する。一般的に習慣は「21日=3週間」で定着する。やれば出来るではなく、やれば進むである。
番外編は割愛。

私見として、片付けについて親から中途半端に教わったり、学校の義務教育で嫌々掃除をした記憶しかない。そもそも掃除に対してネガティブなイメージがある。ただ、部屋が汚いのも嫌で仕方がない。しかし、では部屋掃除もノウハウや知識を正確に学んだかと自問自答したが、そうした知識を適切に学んだ記憶がない。つまり、思い返しても部屋掃除ができる経験を積んでいないし、著者が伝える21日の習慣化が定着していないのだ。
本書を足掛かりに掃除を行うことを習慣化する。

マンガでわかる 片付太郎と汚部屋乱子のお片づけレッスン すぐできる! 続けられる! 整理収納のコツ教えます https://www.amazon.co.jp/dp/4569837247/ref=cm_sw_r_cp_api_bmFDAbB7N59FH