「マンガでわかる片付太郎と汚部屋乱子のお片付けレッスン レビュー」

「マンガでわかる片付太郎と汚部屋乱子のお片付けレッスン レビュー」

部屋の片付けの仕方が分かる本。Amebaブログ片付け・掃除部門1位(2017年)。すぐできる!続けられる!整理整頓のコツ教えますと、整理収納アドバイザー兼漫画家の長浜のり子(著者)が、買わなくてもいいものをムダに買ってしまう・いつも探し物に時間をとられる・掃除がしにくくて埃っぽい・人を部屋に呼べない人向けに書いた内容。

趣旨は、イケメンのレッスンで部屋がみるみるキレイになるという内容で、上記ブログを書籍化したものとなっている。本書は、プロローグ(片付け下手女子と片付け上手男子の出会い)、第1章(片付いていると暮らしが変わる)、第2章(整理の仕方)、第3章(捨てる方法)、第4章(収納の仕方)、第5章(さぁ、片づけの仕上げです)、番外編1(特別!必要な物だけを選ぶ方法)、番外編(太郎に聞く!片づけのお悩み)という構成を通して、片付太郎と汚部屋乱子の恋愛成就を描くと同時にストーリー仕立てで部屋掃除を解説する内容となっている。

プロローグ:出会いの端緒。定位置の必要性、物が溢れる現代で収めるだけでは片付かず、片付けはセンスや才能ではなく知識が必要。

第1章:片付けの効能は、1日の始まりが変わる。朝の気分さえ違うことや、部屋の心地よさと心理的効果がある。また、部屋が汚いと物の把握が困難で、1日10分で年間で約61時間の2・5日分損する。その時間的な損失はプライベートはおろか勤務時間にまで影響を与える。散らかることで失う費用損失は極めて大きい。特に、自分の暮らしの優先が遠のく危険性がある。
第2章:片付け方が分からない。片付けの初手は、理想の暮らし明確化して、成りたい自分の未来の想像をする。まず紙に書き出すなどの明確化。スタートは玄関から。範囲として小さく、当日に終わらせられるので、財布や小物同様に行いやすい。片付けは整理から。必要なものと不必要の区別を行う。この際に不必要なものではなく必要なものを選ぶ。その判断時間の目安は、およそ3秒。迷う時点で不必要の可能性が高い。また適正量を定めて不必要な物を買わない。ペンなど本数の適正量が分かれば以後買わない。
第3章:捨てる方法を知る。捨てられない理由は何か?1勿体ない派=捨てない=物を大事にする罪悪感、2まだ使える・いつか使う派=未来への不安、まだ使ってない派=買ったけど不必要だった=失敗を認めたくない、高かった派=買ったお金を捨てる気持ちになる、5困らない派=捨てなくても現状で困らない、6人から貰ったから派=他人への気遣いで捨てられない、7そもそも捨て方が分からない派=どうやって捨てればいいのかわからないなど。
第4章:収納は物の出し易さと戻し易さの両方が適切な状態。人が動く行動導線が短い程よい。目線から腰までの出し易い高さがゴールデンゾーン。収納で空いた空間は予備スペースで活用。また、種類別・目的別にグルーピングを行う。基本収納量を増やすには、仕切りを活用する。方法は空間を面と見て見立て、四角く仕切って考える。さらに定位置など物に住所を与えて、必ずそこに戻す。
第5章:片付け完了もリバウンドが起こる。片付けとは使った物を元の位置に戻す作業。その過程を習慣化する。一般的に習慣は「21日=3週間」で定着する。やれば出来るではなく、やれば進むである。
番外編は割愛。

私見として、片付けについて親から中途半端に教わったり、学校の義務教育で嫌々掃除をした記憶しかない。そもそも掃除に対してネガティブなイメージがある。ただ、部屋が汚いのも嫌で仕方がない。しかし、では部屋掃除もノウハウや知識を正確に学んだかと自問自答したが、そうした知識を適切に学んだ記憶がない。つまり、思い返しても部屋掃除ができる経験を積んでいないし、著者が伝える21日の習慣化が定着していないのだ。
本書を足掛かりに掃除を行うことを習慣化する。

マンガでわかる 片付太郎と汚部屋乱子のお片づけレッスン すぐできる! 続けられる! 整理収納のコツ教えます https://www.amazon.co.jp/dp/4569837247/ref=cm_sw_r_cp_api_bmFDAbB7N59FH

呆韓論で既出

「呆韓論で既出」

既に『呆韓論』(室谷克己)にて、フィリピンでもこうした韓国人男性の現地女性を妊娠させて帰国させる蛮行が問題となっていることが記されている。

こうした問題を受けて、キルギスベトナムなど複数の国家で「韓国人との婚姻」を法律で禁じている。特にベトナム戦争で韓国人によるベトナム人女性への強姦殺戮と強姦による混血児によるライダイハン問題、フィリピンに語学留学で訪れて、今回のタイのケースのように混血を残して帰国するコピノの問題など韓国人男性による暴虐無人な振る舞いは度々世界で問題となっている。

こうした韓国人男性の問題を無視して韓流やKPOPと呆けている国があるのだから飽きれざるを得ない。

http://news.livedoor.com/article/detail/13874436/

似非学問の心理学

ユング心理学そのもの」

日本の心理学が胡散臭いと言われる所以そのものである。
全て「性」リビドーに結びつけたユダヤ人のフロイト。その弟子がユングで、このゆうきゆう同様にユング心理学で弟子の女性に手を出して問題となった。結局、心理学とは、一定の状態で相手を支配下(コントロール)に置くのであって、道具でしかない。

なので、海外では反射実験など、理系の学問である。科学実証主義がとられており、京都大学河合隼雄が流行らせた似非文系のユング心理学などは、諸外国では学問価値が認められていない代物である。特に文系心理学と社会学ほど胡散臭い無益な学部はない。

似非学問の被害者である。

https://www.facebook.com/livedoornews/posts/2060758597490223

ホリエモンの正論

「皆さん釣られているな」

ホリエモンの「誰でもできる」は、市場の参入として容易という意味。つまり、経済の観点から公共性重視の御題目や大義名分で資格さえ取ればできるという市場の参入容易性。憲法上で職業選択の自由はあれど、ブラックジャックのような漫画を除いて、自由にできる職業など至るほどないのが実情で資格制度となっている。新卒制度も同様だろう。

そのなかでも、介護士、保育士は、資格試験としても敷居が低く容易だ。

なので、多くの人が勘違いして、適性の有無で話しているが、それと資格の容易という新規参入の簡便さは別である。例えば、大学生など日本に五万といる。Fランク大学なら誰でも入れるが、有名大学はそうもいかない。しかし、ホリエモンでなくても、誰もが大学生に容易になれることは、今更、周知の事実だろう。それを以って、大学生は誰でもなれるものではないと目くじらを立てても、これだけ大学生が溢れているご時世に新規参入の問題を唱えても無意味と同じである。

そこを履き違えて、大学生の意義を唱えても意味はない。

この人達や勘違いしてホリエモンを叩いている人は、新規参入の誰でもできる市場価値の低い仕事という意味を曲解して、敢えて、難しく批判している。ただ、そこまで尊いというのに、なぜ安月給なのか?そこの矛盾は無視して尊い仕事と思いながら低賃金で働くことに意味があるのだろうか?少なくとも、自分は、転職を勧めるし、至るほどが止むを得ず従事している場合を除いて、資格を持っていても転職している事実を鑑みたり、市場価値から給料を見れば「誰でもなれる」と失業率の事実が物語っている。

むしろ本当に直視すべきは、ホリエモンよりも、その仕事に安月給で従事している人々の自身の待遇だろう。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/13754848/

 

 

「改憲選挙」

改憲選挙」

これで、今回の衆議院選挙が、改憲か護憲かで明白に雌雄を決する選挙となった。争点は、憲法9条を軸とした安全保障となった。

北朝鮮の大使が、スペイン、メキシコ、イタリアで追放されるなか。我が国の安全保障は、自衛権さえも放棄する現行憲法では対処不可能だ。そもそも、現行憲法は、性善説に依拠しており、前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義」に依拠している。しかし、国民主権基本的人権の尊重、平和主義を没却して立憲主義を無視する日本人「拉致」という人権侵害をして、我が国や世界が批判するなか核実験を行いICBMを撃つ北朝鮮、日本の島根県漁師8名を殺して実力で竹島を武力占拠した韓国、クリミア併合で世界に制裁されたロシア、未だにチベットや新疆ウイグル、モンゴルで血生臭い弾圧を続ける中国の「公正と信義」に依拠するなど、無価値である。

我が国の安全保障を実行的にする為には、敗戦後、一週間でアメリカが制定し、非民主的に成立し、国民投票の追認もない現行憲法規定は、廃止されて然るべきであろう。

今回の総選挙は、国民の生命、財産、安全を守る改憲選挙である。

 

 

 

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/13693774/

「バカなメディア進歩人のせいで戦争になる」

「バカなメディア進歩人のせいで戦争になる(チェンバレイン外交の愚)」

田原総一郎氏が、アメリカ合衆国の姿勢を批判している。その姿勢が北朝鮮との開戦を呼ぶというのだが、こうしたメディア進歩人こそが開戦を呼ぶように思える。

彼等は、先の大戦の為政者を批判し、重ねて批判を現在まで照らし合わせて批判するが、現在の安倍総理の安全保障は、戦後の欠陥と憲法の欠缺を完全に補填するものである。

こうした自称知識人の進歩人が国を焼くのである。仮に田原総一郎氏のような反動の小国民世代は、日本難しと押し付け憲法WGIP自虐史観に染まって完全無抵抗平和主義を美徳で完徹し、無知蒙昧な国民に死を教条主義的に強要しているのだが、果たして、それは正しいことだろうか?

しかも、仮に田原総一郎氏の提唱する完全譲歩を徹底すれば、北朝鮮の増長を招くだけで、かつての第二次世界大戦の契機となったネビル・チェンバレイン英国首相と同じ轍を踏むことになる。このチェンバレイン外交と宥和政策の失敗は、チェンバレイン外交といえば暴君ネロのように失敗外交の代名詞だ。
当時、第一次世界大戦の疲弊を受けて英仏の平和大学生が、ヒトラーナチスドイツの台頭を支持して、それでも戦争は嫌だと日本のSEALDsのように平和デモを行いヒトラーをアシストして外交だけでズデーテン地方を戦争に寄らず取り返したのでドイツ国民は歓喜に沸いて英雄ヒトラーに傾倒していった。
そして、我慢の限界とチェンバレインの更迭とドイツのポーランド侵攻により、英仏の平和大学生が望んだ平和が終わり、その学生の大半が戦死する死地に誘う世界大戦へと至った。

愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ

己の戦争体験から経験で語る田原総一郎氏が如何に危険かわかる。また、この無知蒙昧な無抵抗平和主義が金正恩ヒトラーに変える。そして、SEALDsを始め若者から我々まで全ての日本人を核戦争へと誘う。こうしたバカな知識人のせいで戦争になる。戦前は、あの朝日新聞が、「僕等の東條さん」と昭和天皇陛下の厚い信頼を受けて日米交渉で臨んだ開戦回避内閣を、日米開戦内閣に衆愚扇動で誘ったのである。

田原総一郎氏は、どうやら戦争をし、再び国を焼きたいようだ。核の炎で。

http://lite.blogos.com/article/246255/

 

「るろうに剣心〜北海道編〜」

f:id:yuukiboubiroku:20170909181501j:image

るろうに剣心〜北海道編〜」

るろうに剣心は、少年ジャンプで1994(平成6)年から1999(平成11)年まで連載さてた漫画。

その連載後、アニメオリジナルで描いた追憶編と星霜編が作者が賛同しないパラレルワールドとして補完されている。その作品でも剣心の死を描く「星霜編」では、剣心が梅毒に罹患しながらも、富国強兵を唱える明治政府の要望で日清戦争に向けて大陸で、日本兵を指導するが、梅毒が脳まで進行して記憶喪失で日本に帰れない状況を知己の相楽左之助に救出されて妻薫の下に辿り着くも、十字傷が消えて死に至るという壮絶な最後に賛否両論が湧いた。

f:id:yuukiboubiroku:20170909181609j:image

そうした展開を踏まえて、原作終了から18年を経て構想があった北海道編が始まるというのだが、キネマ版で、本編は書かないという内容からの展開である。

しかも、主人公は、志々雄真実の無限刃を受け継ぐ明日太郎ではなく、剣心というから驚きである。

f:id:yuukiboubiroku:20170909181521j:image

確か、原作の最後では、疲労が蓄積されて飛天御剣流は放てない。そもそも、師の比古清十郎のような恵体でなければ向いていない設定であった。

そんな設定を全て反故にして、物語は始まる。明治16年なので、4年前の神谷道場に流れ着いたのが28〜29歳なので、34歳から35歳の少年漫画主人公であり、この年齢は、こち亀両津勘吉に並ぶ。しかも、少年漫画の主人公が妻帯持ちとなったがドラゴンボール以降、そう珍しい展開でもないだろ。

流石に、剣心は、もう飛天御剣流なんて放てないはず。。。。。はず?

f:id:yuukiboubiroku:20170909181542j:image

理性を喪った明日太郎に問答無用で双龍閃をお見舞いしました。高野恵の誤診でしょうか?コミック最後で頬の十字傷が薄くなったという展開など無かったかのように緋村剣心は復活していました。

剣心復活!34歳で「おろっ」とか流石に言わないですよね?

 f:id:yuukiboubiroku:20170909181559j:image

良かった点としては、月刊だけあって絵が綺麗になった。剣心のイケメンは健在。弥彦も成長した。薫など女性キャラも美人に描かれていた。要らない点は、明日太郎とか外伝のレギュラー化は必要だったのか疑問。とはいえ、最初から悟りの境地の剣心、成長した弥彦、読者の視点で育つキャラは、明日太郎くらいなので仕方ないといえば仕方ないが、息子の剣路はマスコットキャラ的な扱いなんだろうか?

#るろうに剣心
#北海道編